キッチンファーマシー*命みつめ暮らしを慈しむ

kitchen pharmacist will stare into the origin of life

and put in the palm (tanagokoro) the wisdom that makes use of it in our lives.

キッチンに立って暮らしの原点を見つめていると、社会が見えてきます。手のひらに乗っけたこの豆は…この葉っぱは…何処で採取されたのでしょう?どんな人々の手を介してここに届いたのでしょう?本来、“いのち”あるものは、農場が生み出したものでもなく、工場が生み出したものでもなく、企業が生み出したものでもないのです。自然からの授かりものの“いのち”と、自然が見せてくれた智慧が、私たち人類の科学となり、人々の英気として養われていったに過ぎません。自然に寄り添うことは、森や山や海に寄り添うだけではありません。一番身近な自然は、私たち自身の身・心・魂。暮らしの原点は、“kitchen”と“私”と“あなた“から見えてきます。日々の糧である源、“いのち”を台所で見つめて暮らしを育むことは、沢山の“いのち”に関わっているということなのです。

…kitchen ファーマシスト(台所薬剤師)は、暮らしの原点を見つめ、暮らしに活かす智慧を、手のひら(たなごころ)に込めてまいります。…

キッチンファーマシー

 

 台所は、

“暮らしを支える薬局”です。

(台所薬局=kitchen ファーマシー)

“kitchen ファーマシスト”

(台所薬剤師=kitchen ファーマシスト)

マニュアルを覚えるのではなく、

自らが

その時々に合わせて

暮らしに

必要なものごとを

考案し

生み出していきます。

 

ナチュラルな思考

ナチュラルな行動

ナチュラルな魂

先ずは

ポイントを知ることから始めましょう。

 

たなごころ

 

手のひらを

通じた行為を

「たなごころ」と呼びます。

 

「たなごころ」は、

「神ながらの道」

=「宇宙自然の理(法則)」を中心に、

 

「敷島の道」“表現”の法

「食しもの(おしもの)の道」“命”の法

「手末(たなすえ)の道」“信託”の法

 

これらを実践していく

 

kitchen ファーマシストとしての“心意気”「暮らし道」そのものです。

代表ごあいさつ

 

国民健康保険制度

1,961年(昭和36年)スタート。

それ以前は

医療が身近ではなかった時代。

誰でもが、

お医者さんの診療を

受けられるようになったのは

遥か昔のことではありません。

ここほんの半世紀のことです。

 

当たり前のように、どんな家庭でもkitchen ファーマシーは、

お婆ちゃんからお母さんへ、

そして娘へと、

受け継がれていたものでした。