キッチンファーマシストってなあに?

Kitchen Pharmacist will stare into the origin of life

and put in the palm (Tanagokoro) the wisdom that makes use of it in our lives.

暮らしを支える薬局

キッチンファーマシーとは? 

kitchen=キッチン(台所)

pharmacy=ファーマシー(薬局)

“暮らしを支えている台所は、暮らしを支える薬局でもある。”

ということです。

 

台所は、

コトやモノを生み出す、

家族の薬局です。

 

心地よく暮らしを育むために実践できる

日々のお手当=“セルフケア”。

 

台所は

まさに“セルフケアの現場”です。

 

 


キッチンファーマシストというポジション!

 “キッチンファーマシスト”とは? 

kitchen=キッチン(台所)

pharmacist=ファーマシスト(薬剤師)

“暮らしを支える薬剤師”というポジションです。

 

家族の、

そして自分自身の

命を与っているという自覚。

 

いのちの素材を

いのちあるものとして、

どう接するのか?

 

 

マニュアルを尋ね歩いても

日々変化する、いのちと向き合うことは出来ません。

 

地球上の環境も、

私たち自身の人体も、

 

日々変化しているからです。

 

マニュアルを覚えるのではなく、

自らが

その時々に合わせて

暮らしに

必要なものごとを

考案し

生み出せます。 

 


ナチュラルな思考、ナチュラルな行動、ナチュラルな魂。先ずはポイントを知ることから始めましょう。